注文住宅の建設までの長かった道のり

昨年、ついに思い切って注文住宅を建設することができました。
以前住んでいた住まいを何かとその都度リフォームしてもらっていて気心の知れていた工務店に一からお願いしました。
何度もリフォームをお願いするたびにその腕前の良さも確かめれていましたし、また住まいに対する思い入れも相当のものがあることも伝わってきていました。
子の方ならどのような暮らしをしたいかをしっかりと見極めて、それでいて無駄を削って手ごろな価格で注文住宅を建ててくれるという信頼ができるようになっていました。
しかし注文住宅の建設に関わり出すと、その道のりは本当に長いものでした。
どの様な住まいにしたいかというコンセプトをきちんとまとめてからでないと設計図も書けないといわれてしまい、それからさまざまな情報を集めることになりました。
情報を集めれば集めるほど、あこがれは膨らむのですが、実際に建てる住まいは一つですから、今度は取捨選択がたいへんになってしまいました。
注文住宅を建てるのは本当に手間のかかることでしたが、それだけに納得の完成にたどり着くことができました。

コメントは停止中です。