新築した家に祖父母を呼びました

ずっと気になっていたのです。田舎で不自由に生活をしている祖父母の事が、ずっと気になっていたのです。だから家を新築した事をきっかけに、その祖父母を田舎から呼ぼうと思ったのです。
私は子供の時、共働きで忙しかった両親に代わって祖父母に面倒をみてもらっていたのです。だから両親以上に祖父母の事を気にしています。もう八十歳を過ぎた祖父母と一緒に住みたくなったのです。
新築しようと決めた時、まず祖父母の事を考えました。両親は今でもバリバリ働いています。それにまだ幼い妹たちがいるのです。でも私は結婚して夫婦二人暮らしです。子供の事を考えて部屋も多めに考えていたのです。そして子供部屋よりも、もっと日当りの良い部屋に祖父母をと思っていたのです。夫も賛成してくれました。
新築の家が完成して、早速祖父母に話しをしました。将来に不安を感じていたので、とても喜んでくれていたのです。私と住める家、そして曾孫と住める新築の家になるのです。

コメントは停止中です。